スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ペク・ドンス』 27話~29話(最終回)

★本館でのこの記事のURL→『ペク・ドンス』 27話~29話(最終回)
スポンサーサイト

テーマ : 韓国時代劇
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

Secre

固定しないのかな?

げん様、再びこんばんはです!ww

>善徳でもドラゴン桜の方でもなかったです。平川さんて今軍足さんのお声をやってるかたのようですねー。

 固定しないのでしょうかねぇ、私的には『善徳』の時のが一番お気に入りです。が、売れっ子声優は固定が難しいかな? 軍足さんのドラマは録画したものの、一度も観ないで消してしまいました~。ど~にも軍ちゃんは好きになれないで~す。

>ドンスの父は最高の剣士・・・。1話でお亡くなりになってしまったあのヨムジョンさん(役名違うけど)の剣士ってなんだか想像できないのですがー。

 まったくもってその通り! 画面だけでは思悼世子の忠臣という風にしか映ってないですし、そもそもグァンテクとザグェンとフクサモとウン父とチャン・デポは身分も違う(違って見える)のにどうして義兄弟の契りを交わす間柄になったのでしょーねぇ? 設定が唐突過ぎて視聴者への説得力が無いんです! グァンテクが自分の左腕を差し出してもザグェンとの約束を守るなんてハンパ無い絆な筈、昔に何があったのか気になっちゃいますよー。 そうそう、昔と言っても1話のグァンテクって20歳~30歳代設定なんですよね? じゃないと20年以上経っている終盤の年齢設定が苦しいですし、カオクの美魔女ぶりも……ゲフゲフ

 ところで剣士の血筋というなら、最高なのはジンジュですよね! なんといっても剣仙と黒紗燭籠の”地主”の血統なのですから! もしジンジュが黒紗燭籠で育っていたらウンよりも最強の暗殺者になっていたかも知れないですよ。(笑)

>師匠たちの三角関係と主役君とジソンとウンの三角関係(?)の対比みたいな感じになったと思うんですが、ちょっと残念な感じでしたね。

 師匠たちの三角関係は正々堂々としたものでしたが、ドンスはチョット卑怯かなぁ……。ウンが影でイロイロとジソンの商売の為に手を廻したり、人に攫われたジンジュの場所をコッソリ教えてくれたり、他にも何かと手助けしてたのを知っていながら他の皆には黙っていて「ウンは裏切り者なんだー」と思わせたままにしてた。結果、チョリブ(ホン・グギョン)がウンを絶望させる言葉を浴びせるに至ったんじゃないかと思うのですね。
 ともかく私はドンスの性格設定が好きになれなかったです。

>ペクドンスは画面の美しさが必要なのかというと微妙に関係のないつくりのような気が…。

 それはそうなんですけどー。(笑) HD契約していないと画面が小さいままなので観難いのもあるんでしょうね。そしてCM無しで1時間以上というのも疲れるというか飽きるらしいです。途中で休めば良いじゃんと思うのですが、一気観しないと気が済まない性格だそうです。面倒くさい人だなー、もう。

 なんだか今更になってペク・ドンスをイロイロと語ってしまいました。

No title

マイマイ様 今晩はーv

えww私、声優さんはですね、ドンスが勝杏里さん、ウンが平川大輔さんでした。
善徳でもドラゴン桜の方でもなかったです。平川さんて今軍足さんのお声をやってるかたのようですねー。

ドンスの父は最高の剣士・・・。1話でお亡くなりになってしまったあのヨムジョンさん(役名違うけど)の剣士ってなんだか想像できないのですがー。
 >グァンテクとカオクと天の三角関係も先ず始まりどころが分かり難かったです。
ノーカット版をご覧になったマイマイ様がわからなかったらカットバンバンはもっとわからなくって…。師匠たちの三角関係と主役君とジソンとウンの三角関係(?)の対比みたいな感じになったと思うんですが、ちょっと残念な感じでしたね。

ノーカット版よりも画質優先ハイビジョン放送というお母様、話の筋よりも画面の美しさへのこだわりっぷり、素敵ですが、ペクドンスは画面の美しさが必要なのかというと微妙に関係のないつくりのような気が…。

勿体無かったですねー

げん様、こんばんは!ww

>前半の思悼世子の殺害まではわーいと観てたんですけど、なんか肝心のペク・ドンスが最後まで剣豪に見えなくて終わっちゃったなーという感じでした。

 そうでした、そうでした! 思悼世子が死ぬまでは割りと面白いかも…と思って観ていたのですが、世孫になってアダルト組が退場してしまってからは回を追うごとに微妙な感じになっていった気がします。その中でイイ存在感を出していたのは”地”の存在でしたね。
 邦画タイトルは『剣士ペク・ドンス』だそうですが、あんまり「剣士」って内容じゃなかったなぁ。(苦)

 グァンテクとカオクと天の三角関係も先ず始まりどころが分かり難かったです。どうして敵同士のグァンテクとカオクが恋に落ちちゃったのでしょうねぇ? 「カオクは強い男が好き、天と剣仙はどちらが強いんだ?」という展開でもなさそうでしたしねぇ。また父の代から黒紗燭籠のカオクとグァンテクが幼馴染みで久し振りに再会したら……なんて展開もありえないし。(笑)
 ジソンの背中に彫られた北伐之計は結局思悼世子を陥れる材料になってしまっただけでした。

>配役やら脚本・演出、役者さんの経験によるものでしょうか。ウンを観ていて切ない感じはしても、主役君やヒロインたちの関係なんかにも入り込めなかったのも残念な気が…。

 脚本が薄っぺらだった気がします。メインキャラの人数が話数にしては多いので其々のエピソードが掘り下げられないせいか感情移入や妄想が難しかったです。本編ではカットされてた気がしましたが、グァンテクの台詞で「お前は最高の剣士の血を引いているんだ、だからお前も最高の剣士になれる筈だ」というのがあったようなんですよねー。多分相手はドンスだと思うのですが、本編ではそんなに血筋の話とかドンス父が最高の剣士だったとかは語られてなかったので、もう少し語っても良かったんじゃないかと思いましたー。

>吹き替え版だったので字幕だったら役者さんの地声目当てにBSをさらっと見てみようかなと思います…

 吹き替えだったのですか! チュンチュくんの声は誰が? 『善徳』の時と同じでしたか? 『ドラゴン桜』の方ですか? それとも全然新しい人でしたか? トンヘ…じゃなくてドンス(チ・チャンウク)って誰だったのかしら?
 BSデジタル画面でのスンホ君が観たいのでつまみ食い程度に観てみようかと思ってます。因みに未視聴のウチの母はガッツリ観るつもりのようです。母はハイビジョン放送じゃないCS衛星劇場は観ない主義らしく、頑なにCS版は観ようとしません。ノーカット版よりも画質優先ってか?(笑)

No title

マイマイ様 こんにちはw

ペク・ドンス、BSで始まるんですねー。私もチュンチュ君目当て(スンホ君と呼ぶべきですが)で観てみたのが、1話だけでしたけどヨムジョン役の方を観られたりムンノさんがでていて前半の思悼世子の殺害まではわーいと観てたんですけど、なんか肝心のペク・ドンスが最後まで剣豪に見えなくて終わっちゃったなーという感じでした。
剣豪のお話ならやっぱり殺陣でうわーー!てのが欲しかったです。カットバンバンで余計カットされてる模様で…。
またおっしゃてたホン・デジュが剣仙グァンデクを目の敵にする理由や黒紗燭籠と天から剣仙に乗り換えたらしい地カオクのこの三角関係エピソードも中途半端に思われ、なんだかよくわからんところも多かったです。ヒロイン(?)のジソンさんの北伐の計云々エピなど…なんだかひっぱっては最後はあっけなくな感じの結末だったように思いましたねー。

ホン・デジュの側近?の方の舌ぺろぺろとか黒紗燭籠の「人」の方のくせのあるお芝居としぶとさに途中なんとなく注目して楽しんじゃったところが私はありましたー。ヤングチームよりアダルトチームの脇の方々で観た気がします。

仰るように配役やら脚本・演出、役者さんの経験によるものでしょうか。ウンを観ていて切ない感じはしても、主役君やヒロインたちの関係なんかにも入り込めなかったのも残念な気が…。

なんだかこんな感想を持っちゃいましたが、吹き替え版だったので字幕だったら役者さんの地声目当てにBSをさらっと見てみようかなと思います…
プロフィール

眞宵マイマイ

Author:眞宵マイマイ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。